インターネット生保加入の諸注意

インターネット生保加入の諸注意

インターネット保険は、無駄を削減することで保険料を削減する事が可能です。必要最低限の特約のみ残し必ず必要になる機能のみを残しています。逆に言えばしっかりなくてはならない保障はなんなのか自分にとって最も良い保険が見つけられなくなってしまいます。インターネット生保は自身でネットで契約するのですがこれは知識のある人に相談して加入できないという事になります。だから、万が一のことがあった時には保障が幾ら必要なのか考えて結論をだす事をお勧めます。それとも、最初は保険の専門家に相談してみるなど保障を考えてもらい後にネット生保で保険に加入するという方法もあります。

--------------
生命保険ってよく分からない・・・普通の人たちなら思っているはずではないのか?私もそんな一人です。生命保険の説明をよく聞いても難しい保険特約が多すぎてワカラナイ〜「これで大丈夫?」と思うしかないです。我が子も3歳になったので医療保険に入らないといけないのですが、保険を選ぶのは苦労しそうです。






生命保険には団体保険と呼ばれる保険の入り方があります。団体扱いの保険や団体収納の保険もあります。団体とは勤務先の会社などの組織のことをいいその団体と生命保険会社などが提携する制度です。グループ保険とか団体保険といった名前がついています。この保険料は給料から差し引かれ会社経由で保険会社に支払われます。保険料は安く設定されています。みじめに生命保険に向き合うのなら団体保険を会社で確認しないといけません。-

次を読む≫